不妊治療を始めたが挫折しそう

入籍して1年、結婚式や新婚旅行を終えて、そろそろ子どもも欲しいなと思っていた2020年の1月。生理が来なくなったのでもしかしたら…と思って妊娠検査薬を試すも反応なし。あまりにもこないので近くの産婦人科に行ってみると、妊娠どころか排卵さえしていないとのことだった。それからまもなく薬物療法が始まり、月に数回産婦人科に通う日々。半年ほど同じことをしても実らず、仕事を早退して通うのにも疲れてきたころ、夫の転勤が決まった。これを機に転院して心機一転と思ったが、新たな土地で通えそうな病院はどこも口コミが散々。口コミなんだし気に障った人が過激なことを書いているんだろうと思ってとりあえず通いやすそうな病院を選んだものの、そこは辺りでも待ち時間が長いことで有名なクリニックでした。フルタイム勤務なのでどうしても行けるのは仕事後になるのもあるだろうが、18時に予約して診察が23時を超えた時はさすがに堪忍袋の緒が切れた。病院で1分の診察をしてもらうために5時間も待たなければならないなんてちょっと狂っているんじゃないかと思う。妊活にはストレスが大敵だという話を聞くが、同時間帯で予約して3?5時間待っている人たちは皆これでストレスをためざるを得ない気がしてならない。ここまで待つくらいなら仕事をやめて朝や午前のうちに診療へ行きたいと思うようになった。以前は不妊治療を続ける人が仕事を辞めるという話を聞いて不思議に思っていたが、たしかにフルタイムで働いて数時間静かな待合室で待ち続けるのは精神的にもしんどい。だがその一方で3,000円近くの支払いを週に4回もしていると、これだけあれば温泉に泊まりに行けるのにとかおいしいものを食べれるのにとか考えてしまう。私も随分感覚が麻痺してきたような気がして、今後ステップアップするのも、言われた通りの日に病院に行くのも嫌になりそうだ。さて、そろそろ病院につくが4時間待ちが始まる。私の気がおかしくならないうちに無事に妊娠できることを祈って今日も重い脚を運ぶ。