通販で世の中便利になったけど・・・

インターネットが世の中にたくさん普及し、身近になりました。インターネットで世の中のいろんな人と繋がることができ便利になったと思います。お買い物すらインターネットで行い家に届けてくれ、雨が降ったり暑かったり寒かったりの天候でも関係なく買い物ができるようになりました。最近で言えばコロナが流行しステイホーム、密にならないことを強いられ余り外出できなくなりましたが、欲しいものは通販を利用すれば簡単に手に入るようになりました。しかし、最近私は通販で思わぬ事故に立て続けに被害を受けています。まずは別のお宅に届けちゃった問題です。追跡しているのですが追跡上ではお届け済みになっていました。届いていない事に不信感を感じたのでお問い合わせしました。
出店したお店側は発送いたしましたとお返事が帰って来ました。しかし、私の手元には来ていないのです。郵便局にもお問い合わせを行い郵便局側もたくさん探して頂きました。結果、よそのお宅に届けたことがわかりました。見つかったからよかったものの、このままお金払っていないおうちに届けられて私はお金を払い損になることを考えるとすごくぞっとしました。
そこから考えると、通販って便利だけど怖いなと思います。例えば今回は追跡があったから気づき動けたけれど、前払いでお金だけ納めものを送らずに消えてしまう詐欺のような目にあったら、消費者は悲しいけれど損するしかないのかなと考えてしまいます。
以前、なかなかものが届かない時にメールでのみお問い合わせに応じます、と言われてもずっとメールを返事もこずどうしようもなくなったことがあります。
その点現地での物々交換ではレジに商品を持って行きその場でお金を払うため、思っていたのと違うという思いも、ものが手に入らないという思いもせずにすみます。
通販は確かに世の中を便利にしました。ボタン一つでものを購入することができ、運ぶことのせずに家に持って入ることができます。
しかし、見極めてお買い物をすることも大事だと思いました。